爆弾低気圧…

台風並みの暴風で各地に被害をもたらした低気圧。

先週の土曜日の暴風を上回るもでした。

 一日に24ヘクトパスカル以上も下がるものは「爆弾低気圧」と呼ばれ、

過去の似たケースとして、1945年5月に日本海で猛発達した低気圧の影響で

漁船が多数遭難し、北日本や近畿を中心に約670人が死亡・行方不明となり、

「メイストーム(五月の嵐)」という言葉が生まれたそうです。

いつも思うことですが、爆弾やゲリラにならず、どうかほどほどに…

 

Follow me!