花むしろと花いかだ

大横川の花いかだ2008

牡丹町公園の花むしろ 2008  

先週の日曜日の雨空の後、肌寒い日もあり、

今年の桜は、開花期間が長いでしょうか?

今朝、お客様をお迎えする準備中に親方が、

『今日あたりから、花いかだができるだろな~』

花いかだ?』恥ずかしながら自分、花いかだ知りませんでした。

風に舞うのが 「花吹雪」。

地面に散り敷かれた花びらが 「花むしろ

 なら、川面に浮かび連なるのは、「花いかだ」 。

先人はなんと美しく雅な言葉を残してくれたものでしょう!!!

きっと、今日明日のお客様は、

墨堤に到着し屋形船の雪見障子をあけると、

桜の花びらがひらひらと、杯に舞い込むことでしょう♪♪♪

Follow me!

花むしろと花いかだ” に対して1件のコメントがあります。

  1. yakatabijin より:

    のんのこさん、はじめまして!
    コメントありがとうございます。
    船宿内田の親方、女将、先輩スタッフの中で、
    修行中の自分は、おどろきと教わることの多い毎日です。
    そんな日々の出来事をブログに載せてしまうのはお恥ずかしいのですが...。
    これからも屋形船からしか眺められないのベストショットや、
    親方、女将の漁師時代のころからの思い出話などおりまぜられたらと思っております。
    ぜひまたこのブログに遊びに来てください。お待ちしております。

  2. のんのこ より:

     楽しく拝見させて頂いております。
     今年の桜は、咲き始めの勢いに劣らず、強風.強雨にも耐えて持ってくれましたね。
    こちらのを開きつつ、思わず「へぇ~~...」っとうなづきながら、知らなかった見方も知らせて頂いた分も、例年より昼も夜もお花見三昧出来ました。(感謝感謝!!!)
     花吹雪、花むしろ、花いかだ、四季折々...こんな繊細で美しい言葉遊びと心の表現のある日本の人としていられるのは、ほんと幸せな事ですね。  
     私も週末に川沿い散策に行きましたところ、花びらがはらはら回転しながら、向きが変わる度に青空と日差しに反射してか、きらきら輝いて水面に降りていました。そんな場面を前に、さらに反射して嬉しくにやけてしまう自分や皆も、きっと自然の小さな一部なのでしょうねぇ...。
     これからは大好きな新緑の時季!今後とも仲良しな飲兵衛父さんや兄さんと共に、楽しく拝見させて頂きます。 
     明日もよい一日でありますように。
     

この投稿はコメントできません。