屋形船 船宿内田

深川寄り道・散歩道

タイトル
勝鬨橋

 

場所

中央区

長さ

246m

22m

形式

可動部 シカゴ型双葉跳開橋(支間長51.6m、径間長44.0m)

固定部 鋼ソリッドリブタイドアーチ橋(支間長86.0m、径間長83.4m)

現在の架橋

1940年(昭和15年)6月14日

 

勝鬨橋(かちどきばし)は隅田川の河口に架かる可動橋。
この橋は1932年(昭和7年)から建設が始まり、紀元2600年にあたる1940年(昭和15年)に竣工、中央区の築地と月島を結んでいる。
命名の由来は、1905年(明治38年)1月18日に日露戦争における旅順陥落祝勝記念として有志により築地と月島を結ぶ「勝鬨の渡し」が設置されました。 この渡しに由来して「勝鬨橋」と命名されました。

 

清洲橋


勝鬨橋

勝鬨橋は、我が国で最大規模の跳開橋として、当時の最先端の技術を駆使して建設されており、我が国の橋梁技術史上、高い価値がある橋梁として隅田川に架かる「清洲橋」「永代橋」と共に平成19年6月に国の重要文化財に指定されました。


清洲橋


勝鬨橋の夜景


清洲橋夜景