屋形船 船宿内田

深川寄り道・散歩道

タイトル
富岡八幡宮

史跡編


富岡八幡宮の境内には深川の歴史物語る史跡がたくさんあります。
境内をのんびりとあるいてみませんか!


*日本一のお神輿  *横綱力士碑  *大関力士碑  *伊能忠敬像  *資料館

*木場木遣之碑   *縁日     *骨董市・フリーマーケット 

 

■お祭編
深川のシンボル八幡様の例大祭は3年に一度行われる。(次回は平成23年8月)

富岡八幡宮

各町神輿54基が氏子町約8キロを渡御する。江戸三大祭のひとつ。

大祭の連合渡御で毎回最後を飾るのは、【深濱】
深濱は町会ではなく、昭和37年に深川浦漁業組合が解散したが、
以前の深川濱14か町の同士たちが神輿保存会を結成し神輿をくりだしている。
船宿内田では親方の祖父の代から【深濱】に所属しております。

 

 

 

【船宿内田・ブログ 7月28日“再会”より】

前にも書かせていただきましたが
今年は3年に一度の八幡様の本祭り!
6月位から毎週末、深浜の方々は神酒所に
集まり準備をされてます。 
そんな中親方が、
『おぉ〜、懐かしい旗が出てきたから写真撮ってくれ!』と
【深川浦漁業協同組合】と書かれた真紅の旗をお借りしてきました。
この【深川浦漁業協同組合】は、深川浜十四か町の漁師の組合だったそうです。
旗は今から60年以上前、浅草のりの養殖が盛んな頃、
番船(警備見廻り船)が掲げたもので、

 

祭りの準備を邪魔する老人?親方で〜す!

その当時の漁の苦楽を共にした,感慨深い思い出の旗だと察します。
昭和24年に作られたお神輿には、
深川浜にふさわしく鯛や平目など海の幸が施されてあります。
親方は、神酒所の前で、お祭りの準備を邪魔する古老でしょうか?
その頃を詳しく知る方が10人余りとなってしまったそうですが、
漁師の息子、孫、ひ孫と、お祭りは、受け継がれております。

 

 

 

お祭グッズ

お祭りグッズが集まりました!

お祭りグッズ?も次々と増えて準備万端♪
ぜひ、8月16日(土)17日(日) 富岡八幡宮例大祭におでかけくださいませ。

大漁旗

大漁旗を虫干し

大漁旗も虫干ししました。

昨夜から、深浜のお神輿がライトアップされました。                  
明日はなんでも、この浜のお神輿が60年ぶりに
八幡様の鳥居をくぐるそうです!!!

ライトアップされた深浜のお神輿

玄関お飾り

お祭りグッズが集まりました!

お祭が始まると思うと、
なんだか今からドキドキし、胸が高まるのは私だけではないはずですよね...。

 

大漁旗を虫干し

親戚の玄関先を、お祭仕様に変身させているところです!
一日がかりで、ビルの玄関がまるでお神酒所のような仕上がり!
職人技ですね〜♪

【船宿内田ブログ 8月19日 “3年後に再会”より】
16日は、ゲリラ雨!と蒸し暑さ!
img_7368.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして17日も雨で、お天気に恵まれなかったお祭でしたが、
終わってしまうと、 なんだか、淋しいものですね...。
 お神酒所の前で,img_7410.jpg,img_7409.jpg

 

  銚子から「はね太鼓」のお仲間が応援に駆けつけてくださいました。
銚子の漁師町らしい勇壮な太鼓で、
二人の打ち手が組みになり太鼓を肩に担ぎ上げ、跳ね回りながら打ち鳴らすものです。
太鼓の音色がお祭の最後じ〜んと心にしみました。遠くから来てくださり本当にありがとうございました。

img_7443.jpg

船宿内田の焼酎

お祭に名入りの焼酎をいただきました!

お祭に、こんな素敵な焼酎をいただきました!

 

足袋にマークをいたずらしてみました!

お祭に足袋をちょっといたずらしてみました♪

親方のお祭

お祭に大勢のお客様が来て下さり『ありがたいなぁ〜』と嬉しそうな親方!
今年のお祭は終わりましたが、3年後のお祭の準備が始まったということで!!!